バックナンバー

バックナンバー2019年12月号

12月号特集

通じ合う喜びが言葉を育てる 子どもの言葉をもっと豊かに!  遊びから始まる言葉と文字との出合い

「わんわん」「まんま」などの一語文から始まり、乳幼児期の子どもたちは、めざましい勢いで言葉を獲得していきます。その成長の傍らにいる保育者は、どのように子どもたちから溢れ出す言葉を受けとめ、言葉や文字に対する興味・関心を支え、育んでいけばよいのでしょうか。言語教育学者の首藤久義先生と一緒に、子どもの言葉をもっと豊かにするための、遊びを通した言葉と文字とのかかわりを考えていきます。

スペシャル対談

上田秀一郎×大江恵子

日本人に馴染みの深い和太鼓。その音を体一つで自在に操る上田秀一郎さんに、和太鼓との出合いやその魅力、海外公演等を通じて思う日本と海外の違い、将来の夢など語っていただきました。

連載よりピックアップ!

ほかでは聞けない! 保育実習・教育実習  養成校×現場の往復書簡 

今月のテーマは「地域的に取り組む実習のあり方」です。愛知県蒲郡市子育て支援課 嶌田弘子さんが、より良い保育実習を可能にするには行政側からどのようなアプローチが必要か、矢藤誠慈郎先生に尋ねます。

幼稚園・保育園・認定こども園のお客様は、お近くの販売店までご注文ください。それ以外のお客様は、ご購入の場合、こちらへ

PAGE TOP